カテゴリー別アーカイブ: 施術

整体とマッサージの違いがわからない!

こんにちは。豊川です。

 

整体とマッサージの違いって知ってますか?

 

 

 

 

 

何となく言葉は聞くけど実際どう違うのか知らない方がほとんどだと思います。

 

僕の考えも入りますが、少しでも参考になればと思います。

 

 

マッサージは皆さんご存知だとは思いますが、肩こりや腰のだるさを解消するために

硬くなった筋肉を揉んだり押したりして筋肉を柔らかくするという目的で行われます。

 

大体60分2980円などで施術をしてくれるところがほとんどですね。

 

60分揉んでもらうと気持ち良くなり寝てしまう方もいるみたいです。

むしろ寝るために行くという方もいるとか!

 

マッサージ自体はリラクゼーション目的で癒しを求める方には問題ないし、気持ちのリフレッシュやストレス解消などにも役立っていると思います。

 

気を付けないといけないのが、肩が痛くなったり腰が痛くなった時など痛みがあるのにマッサージを受けるのは危険です。

マッサージの目的は筋肉をほぐすこと。痛みがあると筋肉が硬くなっていることがあるので、ほぐせば良くなると思うのは仕方ありませんが、逆に悪化させる可能性がありますので注意してください。

 

マッサージは痛みを取るところではありませんので。

施術担当が有資格者ではない可能性も…。

 

 

整体は院によってやり方は違いますが、目的は体の不調を良くするための施術です。

 

骨盤矯正やバキバキする施術などがあると思います。

 

ここで大事なのが、自分がどうなりたいか?を考える必要があります。

痛みを取りたいのか?

体の歪みを矯正したいのか?

スポーツや趣味を目一杯できる体作りをしたいのか?

 

その目的や目標に合わせた整体院を選ぶ必要があります。

 

僕自身も体のメンテナンスのために整体に通っていますよ。

自分でセルフケアしていても、限界はありますので。

 

整体を受けることで、自分のパフォーマンスも上がるということもあります。

 

 

整体とマッサージの違いを書いてきましたが、少しでも違いが分かればありがたいです。

 

まとめます

 

マッサージ

筋肉をほぐす施術をするので、リラクゼーションや癒しを求める方には良い

 

急な痛みや慢性的に痛みがある場合は余計に悪化させる可能性があるので注意

 

 

 

整体

痛みを改善したり体の歪みを矯正したり理想の体作りを目的に施術をする。

 

自分の目的に合った整体院を選ぶと良い未来が待っている

 

注意点としては

自分の目的に対してきちんと向き合ってくれているかは、判断するべきところでしょう。

真剣に考えて対応してくれるところは大丈夫ですよ。

 

 

もしなかなか自分に合う整体院がなければ、当院にご相談ください。

当院では

・坐骨神経痛

・腰椎椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・変形性膝関節症

・五十肩

などの重症症状を施術しています。

 

 

遠方の方は良い先生をご紹介しますのでご相談ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

質問や相談はLINE@からお願いします。

 

 

 

 

腰痛の再発予防はインナーマッスルを鍛えること!

こんにちは。豊川です。

 

腰痛が良くなっても、再発してしまう方がいます。

 

一時調子良かったのに、また痛くなったと再来院されることも。

 

色々な原因はありますが、基本的には大腰筋というインナーマッスルが弱っているから再発してしまうのです。

 

この大腰筋という筋肉は表面にある筋肉と違い、鍛えるのが難しい筋肉になります。

 

表面にある腹筋を鍛えていても、深層にある筋肉は鍛えられていないというのが実情。

 

インナーマッスルってどうやって鍛えるの?

 

テレビなどでも見たことあるかもしれませんが、体幹トレーニングをすることでインナーマッスルを鍛えることができます。

 

 

 

 

色々な方法がありますが、一部でもやってみてください。

かなりきついですよ。

 

しかも表面の筋肉と違い、見た目で鍛えられているのかわからないから余計に継続が難しいという厄介な筋肉です。

 

そこで楽に鍛えられるというシックスパッドなどのEMS商品が売られています。

 

もちろんそれを購入して毎日やるのもいいでしょう。

 

電池で動くので電力的には弱く、インナーマッスルまで届いているのか疑問です。

 

当院でも扱っているJOYトレでは、コンセントから電力を得て電気を流すので威力が違います。

 

このJOYトレでインナーマッスルを鍛えた方は、腰痛に悩むことがなくなりました。

 

80歳を越える方が筋肉量が平均よりはるかに高いと、医師に絶賛された事例もあります。

 

JOYトレは20分寝ているだけでインナーマッスルが鍛えられるので、きつい体幹トレーニングをしなくても大丈夫なんです。

 

それだけで腰痛の予防にもなるし、筋肉がついてくることで姿勢も良くなり見た目が若々しく見えるんです。

 

楽してインナーマッスルを鍛えるにはこれが一番おススメです。

 

僕自身が実際にJOYトレで腰痛が出なくなり、今でも続けています。

もちろん深層のインナーマッスルだけでなく、表面の腹直筋(腹筋)も同時に鍛えることができるので。

 

腰痛のために鍛えているが、なかなか続かない方はいつでもご相談ください。

 

インナーマッスルのトレーニング方法を動画で送りますので、やってみてください。

 

ご相談はLINE@からお願いします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ご希望の方はオンラインカウンセリングをさせていただきますので、「カウンセリング」とメッセージください。

 

朝起きて腰が痛い時はどうする?

こんにちは。豊川です。

 

朝起きて腰が痛い時ありませんか?

 

 

 

起きてから、しばらくすると少しマシになって日中はそんなに痛みを感じない。

 

また次の日の朝起きると腰が痛い。

 

こんな状態を繰り返していませんか?

 

この場合は反り腰になっている方がほとんどですよ。

 

反り腰とは?

その名の通り、腰が反っている状態です。

この状態で寝ると、腰と床の間にすき間ができます。

(ひどい場合はトンネルみたいになって手が通るくらい)

 

このすき間があることで、寝ている間に腰の痛みを引き起こしてしまっているんですね。

 

朝起きた時に痛いだけだったのが、段々日中も痛くなってくるので早めの予防が大切です。

 

ではどのように予防したらいいのか?

 

反り腰になっている原因が何かというのを理解しないとですね。

 

股関節の硬さが反り腰の原因になっている。

股関節の筋肉が弱くなり、硬くなってしまうと骨盤の前傾が強くなります。

骨盤の前傾が強くなると、体を起こした時に腰の湾曲が更にきつくなります。

 

その状態が反り腰ですね。

 

では反り腰を良くするにはどうしたらいいのか?

 

まずは股関節の柔軟性を取り戻す必要があります。

 

股関節を伸ばすストレッチをするのが第一です。

 

簡単なストレッチとしては

 

1.壁に向かって立ち

 

2.片手を壁につきます

 

3.もう片方の手で足の甲を持ち

 

4.後ろ方向に伸ばします(太ももが伸びる感覚)

 

5.10秒~15秒くらい伸ばして

 

6.反対側もストレッチします

 

このストレッチを毎日2~3回やってください。

 

ここで大事なのが継続して毎日することです。

1回でもいいので、まずはストレッチをすることを始めてください。

 

このストレッチで股関節の柔軟性を出していくと、骨盤の前傾が通常に近づいてきます。

 

反り腰が軽減されることにより、朝起きた時の腰の痛みが軽減します。

 

それでも軽減しない場合は、筋力をつけることが第二です。

 

簡単に無理なくできる筋肉トレーニングは

 

スクワットです。

 

これは背筋を伸ばして、膝を曲げるだけなので比較的始めやすいのではないでしょうか?

 

膝の曲げる角度を調整することで、負荷も変えることができるので初めは少し曲げるくらいからスタートしましょう。

 

慣れてきたら少しずつ角度や回数を増やしていきます。

 

これくらい毎日できるようになると、腰の痛みに悩むことはないでしょう。

 

これでも良くならない場合は、ストレッチの方法やトレーニングの方法が間違っている可能性がありますのでご相談ください。

 

ストレッチやトレーニングの方法がわからないという方は動画をプレゼントしますので、LINE@に登録後「動画」とメッセージください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

LINE@登録はこちらから

 

腰が痛くなる原因は実は・・・

こんにちは。豊川です。

 

腰が痛くなる原因は実は・・・たくさんあります。

 

 

 

 

 

当院が今まで施術してきた中でも特に多かった原因の筋肉を紹介したいと思います。

 

ランキング形式でやってみましょうか!

 

では、

 

第5位

 

広背筋(こうはいきん)

 

この広背筋は背中で逆三角形の形をしている筋肉です。

背骨から上腕骨に付いている筋肉なので、腕の動きにも影響を与えています。

これが硬いと体全体の動きが悪くなり、腰が痛くなる原因になります。

 

第4位

 

大殿筋(だいでんきん)

 

字の通り大きいお尻の筋肉です。この筋肉は股関節の動きに関わっています。

この筋肉が硬くなることで、股関節の動きが悪くなり、腰が痛くなる原因になります。

 

第3位

 

腰方形筋(ようほうけいきん)

 

この筋肉は体を横に倒したり腰の安定させる筋肉です。

腰に直接関係する筋肉ですので、腰の痛みの直接的な原因となります。

 

第2位

 

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

 

難しい字の筋肉ですね。この筋肉は股関節の動きに関係します。

これが硬くなることで、股関節の動きが悪くなり、腰が痛くなる原因になります。

 

第1位

 

大腰筋(だいようきん)

 

いかにも腰って感じの名前ですよね。

この筋肉はインナーマッスルという体の奥にある筋肉でどちらかというとお腹の筋肉なんですよ。

 

この筋肉が硬くなることで、姿勢的に反り腰になるんです。

反り腰は姿勢を悪くし、腰の痛みの原因になります。

 

 

いかがでしたか?

 

筋肉の名前言われてもわからないかもしれませんが、これでもごく一部の筋肉です。

 

 

1位から5位まで発表しましたが、原因の中の多い5つということです。

 

 

腰が痛いから腰をマッサージしても良くならないというのが、よくわかると思います。

 

 

腰が痛くなる原因はその人の生活習慣や普段している姿勢やクセなどによって違うので、適当にマッサージしても良くならないです。

 

腰自体に原因がないこともあるからです。

もちろん腰痛なので腰に原因があることが多いとは思います。

でも腰しか見ない人は他の可能性を理解していないので、本当に腰痛を良くしたいならちゃんとしているところで施術を受けるべきですね。

 

 

自分はなぜ腰が痛くなっているのか?

 

その為にどうすれば良いのか?

 

そういうことを教えてくれたり説明してくれる整骨院、整体院に行くことをおススメします。

 

きちんとカウンセリングしてくれるところを選びましょう。

 

色々とホームページを見て比較して選んでくださいね。

 

当院を選んでいただけると嬉しいですが、遠方の方はお近くの先生をご紹介しますので相談してください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

質問やお問い合わせはLINEからお願いします。

 

 

お尻からもも裏の痛みや痺れの正体は?

こんにちは。豊川です。

 

タイトルにある症状は何?

 

 

 

 

急にお尻からもも裏の痛みと足の痺れが出てきた人は不安で仕方ないと思います。

 

その症状、おそらく坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)ではないかと思います。

 

聞いたことある方もいると思いますが、どういうものなのかわからない人がほとんどだと思います。

 

一番簡単に言うと

「坐骨神経が何らかの原因で圧迫されたりして痛みや痺れを引き起こしている状態。」

 

何らかの原因が何かと言いますと色々あるのですが、

 

その1

腰の病気が神経を圧迫してお尻からもも裏の痛みを出している場合

 

腰の病気とは(難しい漢字が出ます)

・腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばん)

・脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

・腰椎すべり症(ようついすべりしょう)

・腰椎分離症(ようついぶんりしょう)

etc…

 

難しい字が多いですね。

聞きなれないのもありますが、これらが腰の病気の代表といったところでしょうか。

 

この腰の病気の症状として坐骨神経痛があります。

 

なので坐骨神経痛は病名ではなく症状なんですね。

 

坐骨神経痛の何らかの原因

 

その2

筋肉が直接坐骨神経を圧迫している場合

 

これは坐骨神経が通る場所にある筋肉に問題があり神経の圧迫などにより痛みや痺れを引き起こしていることがあります。

 

ほとんどが梨状筋(りじょうきん)と言われる筋肉が関係しています。

 

この坐骨神経痛という症状はかなり厄介で人によって痛みの度合いや痺れている場所が違うんですよね。

・お尻から足までの後面

・股関節周辺から足までの前面

・足の裏や指

 

今までたくさん坐骨神経痛の方を施術しましたが、もも裏だったり、ふくらはぎだったり様々でした。

 

症状の正体が坐骨神経痛とわかったら、どうすればいいのか?

 

腰の病気が原因で坐骨神経痛になっている場合って実はほとんどありません。

 

仮に病院でレントゲンを撮って椎間板ヘルニアと診断されて、手術をしたとします。

どうなるか?

本当にヘルニアが原因で坐骨神経痛を引き起こしているなら、手術で良くなるでしょう。

でも実際は原因がヘルニアではないから、手術をしたのに良くならないことが多いです。

 

お金と時間を使って手術したのに治らなかったら、何のために手術したんですか?ってなりますよね。

 

なので手術をするのは、本当に腰の病気が原因の場合だけにしてください。

 

じゃあどうするの?

 

痛みや痺れに真剣に向き合ってくれる整骨院、整体院に行ってみてください。

 

当院でもいいし、遠方の方は近くの先生をご紹介しますので、ご相談ください。

 

坐骨神経痛はどこに原因があるのかわかれば、怖くないです。

諦めないでください!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

整形外科しか行ったことないから整骨院に行くのは躊躇するあなたへ

こんにちは。豊川です。

 

皆さんはケガをしたり、痛みがあるとどこに治しに行きますか?

 

 

 

大体の方は整形外科に行くと言います。

 

整形外科でどんな治療をしましたか?と聞くと

・レントゲン撮った

・電気あててもらった

・シップと痛み止め薬で様子見てと言われた

・たまにリハビリの先生にマッサージを少しやってもらう

 

こんな返事がほとんどです。

 

その治療で痛みは良くなりましたか?

・全然変わらない

・その時だけマシな気がする

・痛みを我慢している

 

整形外科に行っても良くはなっていないけど、医者に診てもらったというだけで取りあえずいいか。

という常識?固定観念?が蔓延していますよね。

 

そもそも痛みが良くなっていないのに、通い続けている人はなぜなのか聞いてみたいです。

 

じゃあ整骨院に行けば良くなるのか?

それがわからないから躊躇するんでしょうけどね。

 

これも難しいのですが、整骨院によっては良くならない場合もあります。

痛みがなくなり、滅茶苦茶良くなる場合もあります。

 

その見分け方が難しいですよね。

 

真剣に向き合ってくれる整骨院の先生なら良くなる可能性はグッと高まります。

 

大きいグループ経営している整骨院(全部ではないですが)は毎回先生が違ったり、患者さん自身も慰安目的だったりするので、本当に自分の体を良くしたいのであれば避けるべきです。

 

一人でやっている先生の所なら、先生が変わることもないので真剣に向き合ってくれると思います。

 

僕自身、治療は患者さんと協力しながらするものだと思っています。

お互いの信頼関係がないと治るものも治らないのです。

 

整骨院や整体院に行くことが絶対に良いとは言いませんが、整形外科に通っていて少しも良くならないのに通い続けるのはどうかなということです。

 

少しでも良くなりたいと思ったら、整骨院や整体院を探すのもいいと思います。

 

僕も自分の体をメンテナンスしてもらう整体院に通っています。

 

定期的には通っていますが、急に何かあった場合でもすぐにその先生に相談します。

 

そういう関係性を築いていると、安心感があります。

(その先生は僕が整骨院をやっていること知っています)

 

そういう安心感を得ることで、痛みも和らぐと思います。

 

 

またまた脱線しましたが、整形外科に行っても治らないなら整骨院や整体院を選択するのもいいのではないでしょうか?

最初は少し勇気がいりますが、躊躇して何もしないと何も変わりませんので一度試してみてください。

 

当院は遠方から来院される方もいますが、近くで探しているという方はご紹介しますので、一度ご相談ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

相談やお問い合わせはLINEからお願いします。

 

整骨院や整体院に行って痛みがひどくなった

こんにちは。豊川です。

 

結論から言いますと、そんな治療家は辞めてください!です。

(かなり柔らかく言っていますが怒っています。)

 

 

 

 

最近、当院に来られた方ですが腰が痛くて整骨院に通っていたそうです。

 

まぁどこにでもある整骨院といった感じの治療を受けていました。

(電気→温め→患部のマッサージ→ウォーターベッド)だいたいこんな流れ。

 

 

初めの内は行くと、その時だけ楽になっていたそうです。

 

 

それが段々と痛みが増してきて、足のシビれまで出てきたそうです。

 

 

前かがみが痛くて腰の痛みが脇腹の辺りまで痛くなっていました。

 

 

痛みの原因を考えずに施術すると、そうなってしまいますよね。

 

 

その人の事を考えて向き合っていけば、解決できたことだと思うんです。

 

流れ作業のように施術をやっている所は多いので、本当に困っている人がどこに行けばいいのかわからなくなっている状況なんですね。

 

整骨院に慰安目的で行く人が増えたのも原因でしょうが・・・。

 

本当に困っている人を良くしたいと思うなら、流れ作業の整骨院は辞めてしまいましょう。

 

患者さんが路頭に迷います。

 

僕がこんなこと言ったところで現状は変わらないかもしれませんが、困っている人を助けましょう。

 

少し脱線しましたが、その患者さんがどうなったかと言いますと・・・

 

当院に来院されて10回目くらいで卒業しました。

 

約1か月ほどです。

 

1年くらい整骨院に通って良くならなかったのにです。

 

本気で痛みを良くしたいと思っているなら、一度ご相談ください。

 

 

 

 

https://line.me/R/ti/p/%40kql5049p