大阪市にある重症症状専門の整骨院

あいき整骨院へようこそ!

 

はじめまして、あいき整骨院院長の豊川皓史です。

私は”長期間の痛みや痺れで悩んでいる人を、出来るだけ早く解放してあげたい。重症症状で悩む人をいなくしたい”

という想いがあり、それを使命としてやっています。

 

 

1983年1月12日、大阪市淀川区生まれ。

育ったのは箕面市、豊中市

やぎ座、O型

大阪府立渋谷高等学校卒業

小学校から高校までサッカー

趣味はゴルフ、サッカー観戦、野球観戦

スポーツ全般好きです

好きな本は「キングダム」

好きな言葉は「この世に生まれたこと自体がスゴイこと」

 

 

「きつく押さえればそれで良かった修行時代」

初めて勤めた整骨院で教えられたのが、痛いところを強く押せばいいということでした。全く分からない状態なので、それがいいのか悪いのかも分からずとにかく強く押さえる練習をしました。慣れてくると段々疑問が出てきます。本当にこれでこの人の痛みは良くなっているのか?次に日に来るのは何でなのか?

もちろんそれで満足される方がほとんどなのですが、中には痛いからもう来ないという方もいました。

 

「強く痛いところを押さなくても症状の改善は可能」

これまでの勉強や経験でたどり着いたのが強圧は良くないこと、刺激を与えすぎると逆に痛めてしまうこと、少ない刺激でも改善するということ、痛いところ以外にも原因があることです。

腰の痛みに腰だけを施術しても、その場は良くてもすぐに痛みが戻ってしまいます。痛みには必ず原因があります

それを知らない柔整師や整体師が多いからどこに行っても良くならないという方が多いのではないでしょうか?

 

「一生この痛みに付き合わないといけない」

と諦めている人を最後の砦として救いたい。本当に来て良かったと言ってもらえるような整骨院にしていきたいと思っています。